投資用のマンションの利点

模型

マンション活用の利点とは

不動産活用の1つとして、投資用マンションが人気を集めています。サラリーマンでも購入できるとあって、様々な活用方法がある利点を持ちます。まず、手持ち資金を使わずに資産を保有できる点がメリットとなります。持ち家の住宅ローンを抱えながらも投資用マンションを購入できるのは、住宅ローンとして融資を受けるわけではないからです。投資用マンションは事業として運用するので、事業用としてローンを借りることになります。つまり家賃収入でローン返済をカバーできれば、融資を受けることができるわけです。このような活用法によって資金的な負担をかけずにマンションを保有できるのが、投資用マンションの利点です。さらに都市部の人気エリアでは値上がり傾向となっていることも、投資用マンションを持つメリットです。タワーマンションなどは、購入時よりも価格が上昇しているものがあります。そのような物件を持つことで、短期間での売却益を得られることもメリットと言えます。また新築マンションであれば、頭金も不要となることで負担も少なく購入できるメリットがあります。家賃収入も、都市部では賃貸需要が多いので安定して得られる安心感もあります。そしてローン完済をすれば、家賃はそのまま安定収入として得られることになります。将来の年金代わりとして、生活費として得られるので資産として保有できます。それまでの間は家賃でローン返済を賄うために、お得に保有できるのが利点となります。