意外と身近な資産運用

アパート

融資と業務委託で可能

不動産投資はサラリーマンでも可能な資産運用であり、実際、不動産投資を行っているサラリーマンは多くいます。サラリーマンが不動産投資をする理由は、当然、本業以外で収入を得るためですが、他方、本業をリタイアした後の生活に有利に働くという点も大きいと言えます。不動産投資を始めるにあたり、障害となるのは不動産の購入費用ですが、これは融資を受けることで解決されます。また収益物件は新築である必要はありませんから、中古にすれば、より少額の費用で始められます。ただ、不動産投資は不労所得ではなく、収益物件の管理が必要となる資産運用です。サラリーマンをしながら管理業務を行うことは不可能なことですが、管理会社というものが存在しています。よって、管理会社に管理業務を委託してしまえば、不労所得となり、サラリーマンでも可能になるのです。そして、サラリーマンが不動産投資で成功できるか否かは、収益物件と管理会社によるところが大きいと言えます。前述したとおり、初期費用を低く抑えるためには、収益物件を中古にする必要がありますが、立地に関しては中古でも大いに分があります。問題となるのは古い設備や仕様ですが、これはリフォームやリノベーションを行うことで解決できます。管理会社選びの指標の1つにすべきは、集客率です。管理会社は入居者がいなければ管理業務がなく、収益も得られませんから、入居者募集業務も請け負っています。つまり、収益物件に入居者がいるか、いないかは管理会社にかかっていると言えますから、管理会社の集客率は重要なのです。

不動産のことを学ぼう

セミナー

不動産投資セミナーの魅力として挙げられるのは、専門家に不動産のことを聞ける点です。講師は投資や不動産のプロが多いので、質問などもしやすくなっています。利用者も増えており、年々人気が高まっている不動産投資について知ることができます。

売り時を捉えよう

背広の人

不動産投資において、重要なことは売却のタイミングを常に心がけておくということです。保有物件の売却額によって利回りは大きくもなりますし、小さくもなります。不動産市況が好調な時には躊躇わずに売却してしまいましょう。

投資用のマンションの利点

模型

投資用マンションはサラリーマンでも負担なく保有できる資産として人気があります。住宅ローンとは別に融資を受ける上に、家賃収入で返済を賄うので負担なく保有できることがメリットと言えます。将来の安定収入として、あるいは短期売却で利益を出せるものとして活用できます。